ガラス屋が到着するまでに実施しておくべき対策

住宅のガラスにヒビや割れなどが生じた場合は修理を依頼しましょう 住宅のガラスにヒビや割れなどが生じた場合は修理を依頼しましょう

ガラスが破損してしまった!~ガラス屋が来るまでの応急処置~

子供が間違えてガラスを割ってしまったりした場合は、応急処置を施して被害の悪化を防ぎましょう。適切な方法でガラスを補強しておけば、ガラス屋に修理を依頼するまで家族を割れたガラスの脅威から守ることができます。

応急処置方法


窓ガラスにヒビが入ってしまいました
一度ヒビが入ってしまったガラスは少しの衝撃で割れやすくなってしまうため、ガラスをガムテープなどで補強しておかねばなりません。ヒビをしっかり覆うことができる大きさのテープを用意して貼り、ヒビが広がらないように対処しましょう。
また、テープを貼る際は強く押さえないように注意する必要があります。
割れてしまったときの処置方法はどうすればいいですか?
住宅のガラスが割れてしまっている場合は、怪我の発生を防ぐために破片や窓には近づかないように対処するのが最適です。床には細かいガラスの破片が飛び散っている可能性があるので、ガラスが割れた際は軍手やスリッパなどを着用しましょう。
割れた窓の周りに囲いを設置しておけば、割れたガラスで怪我をする可能性は大幅に下がります。

まとめ

自分たちで割れたガラスの回収作業を行なうと、怪我をしてしまう危険性もあります。ガラス屋はガラスの交換や修理だけでなく、割れたガラスの回収作業も行なうことが可能です。自分で回収が困難な場合は、店舗の方に回収を任せましょう。

被害を拡大させないために

人通りの多い場所に設置してある窓ガラスが割れてしまった場合は、応急処置を行ないながら怪我防止のために張り紙などを貼っておきましょう。割れたガラスの存在を周囲の人に知らせておけば、通行人などもしっかりと守ることができます。

TOPボタン